詳 細

2014-04-20

小社役員「観光おもてなし研究会」に参加

  観光庁と公益社団法人日本観光振興協会は「観光おもてなし研究会」を設置し、地域の観光協会等の現状や役割につき民間レベルからの論議・提言を行います。小社取締役可越が委員を委嘱されました。

 「観光おもてなし研究会」設置の背景は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催の機会を捉えた観光振興や訪日外国人観光客2000万人を目指し、観光立国実現には地域の観光協会等の果たす役割を認識しその重要さを検討することにあります。地域の観光協会のあり方を検討し、組織の活性化を図り地域における国内外からの旅行者の受入体制の向上を図っていくことを目的としています。

 

観光おもてなし研究会の委員は下記の通りです。(五十音順)

 

久保田 美穂子 (公財)日本交通公社 観光研究情報室長

なぐも友美   フリーバスガイド 講演業

矢ケ崎 紀子  首都大学東京 都市環境学研究科観光科学域 特任准教授(座長)

矢口 正子   ()交通新聞社 「旅の手帖」編集長

横山 幸代   ()リクルートライフスタイルじゃらんリサーチセンター 副センター長

可 越      小社取締役

研究会の様子は、「ニコニコチャンネル」で生放送されました。 

http://ch.nicovideo.jp/nihon-kankou

 

下記のYoutubeからも映像をご覧になれます。

https://www.youtube.com/watch?v=EpWMLIzq0v0